読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【厳選】働く男が悩んだときに読む1冊

キャリア、資産、仕事、家庭、育児など、悩みは多くあるが、自分でどうにかかっこよく解決していくために、働く男が悩んだときに読む1冊をご紹介。

【新入社員〜3年目社員向け】仕事の基礎スキルを磨く

f:id:be-ru_23:20150722001112j:plain

仕事ができる人になりたい!

少なからず、新入社員の方や、2年目、3年目社員の方はこういったことを胸のどこかに秘めているのではないだろうか?

 

仕事ができる人とはどのような人をイメージしているか?

となると色々な意見が出てくるのではないだろうか?

・専門的な知識を持っている人

・人にはできないことができる人

・圧倒的なスピードと質の高いアウトプットを量産する人

などがよく聞く内容といったところであろうか。

 

今は天才、も昔は予備軍 

しかしながら、そういった仕事ができる人もよっぽどの天才でない限り、始めは新入社員であり、仕事ができるかもしれない人予備軍だったわけである。

そういう人たちが他者と比べ、ぐんぐん成長し、仕事ができる人と呼ばれるようになる背景には、やはり外してはいけない、持っておくべきベーススキルというのがかくれているのではないだろうか?

 

成長する人が持っているベーススキル(基礎スキル)とは?

結論から先に述べると、

1)聴く力

2)考える力

3)話す力

4)書く力

5)時間力

だと論じている仕事の「5力」をちょうど新人の頃に読んだこともあり、

今でも私は上記の5力が、新入社員がおさえておくべきベーススキルだと思っている。

 

コンピューターの5大装置

話は少し変わるが、コンピューターの初級教科書や情報工学といったなかで、

大抵出てくる、コンピューターの5大装置をご存知であろうか?

「入力装置」

・「記憶装置」

・「演算装置」

・「出力装置」

・「制御装置」

の5つである。

 

仕事のステップ

あらゆる仕事のステップを特大の大項目で区切り

”インプット”→”処理”→”アウトプット”と定義すると、

「入力」→「処理対応の記憶」→「演算」→「出力」、それら「全体の制御」というように、

まさにコンピューターの5大装置が仕事に必要なベーススキルと成りうる訳である。

 

ただ大抵の仕事の場合、コンピューターと違って、”処理”には”創意工夫”が求められるため、若干のアレンジが必要であろうと思う。

つまりは、

「入力」→「記憶や経験」×「アイデアや企画といった知恵」→「出力」、それら「全体の制御」

といったところであろうか。

そして上記をビジネスの現場に置き換えると、

「聴く」→「考える」→「書く or 話す」→「時間管理」

というステップとなるわけである。

 

仕事の5力

上記のステップをベースとすると

1)聴く力

2)考える力

3)話す力

4)書く力

5)時間力

が仕事のベーススキルとなるというわけである。

 

上記の解釈については本に記載されているわけではなく、

私が勝手にそう解釈しているだけであるので、もしかすると筆者の方からすると

少し違った意見であるかもしれないが、そこはご了承願いたい。

 

仕事ができる人の全体像

本で紹介されている内容で特に、なるほど!と思ったのは

冒頭で紹介されている京セラ名誉会長の稲森和夫氏が発案したとして紹介されている

「人生・仕事の方程式」とそれをベースに筆者がまとめられている「人財能力モデルの例」である。 

 

人生・仕事の結果の方程式

【人生・仕事の結果】=【考え方】×【熱意】×【能力】

 

人財能力モデルの例

【人財能力モデル(ピラミッド)】=(ピラミッドの下から順に)【考え方】【熱意】【基本的なスキル(5力)】【専門スキル】【マネジメントスキル】

 

しっかりした土台が大切

つまりは、”専門スキル”や”マネジメントスキル”の土台として”ベーススキル=仕事の5力”があると定義されているわけである。

結局のところ、やはり高度なスキルを身につけようと思うと、それだけしっかりした土台が必要であり、それが5力(聴く力、考える力、話す力、書く力、時間力)であるということである。

スラムダンクでいう、ドリブルやパスの練習など、”基礎が大事”と一緒である。)

 

”理解している”ではなく”実行している”が大切 

またこの本の面白いところは、”実行する”、”継続する”というところを究極に追求しており、概念だけでなく、それをどう実行するか、実行のためのフォーマットまで用意して書籍化されているので、本当に実用的だと思う。

 

新入社員でまず何から手を付けてよいかわからない、という方や、

2年目、3年目で専門知識をつけていきたいが、どうも仕事がうまくいっていない

という方には是非ともおススメしたい1冊だ。

 

仕事の「5力」

誰かを大切にしたいということは何歳になっても人を突き動かす原動力になり得る

f:id:be-ru_23:20150720011136j:plain

 

誰かを大切にするより自分を大切にしていた過去

きっと誰にでも誰かを大切にしたいと思った瞬間があったと思う。

それは家族かもしれないし、友達かもしれないし、恋人かもしれない。。。

 

どちらかというと、私はそういう瞬間をあまりもたず、”自分が大切”という人生を歩んできたように思う。

 

そんな私でも、誰かを大切にしたいと思った瞬間がなかったわけではない。

そしてこの本に出会ったことで、その”思い”というのは人以上に深くなっていると思う。

 

20代前半に出会った人を大切に思うことを教えてくれた本

大学生時代に出会ったLOVE&FREE―世界の路上に落ちていた言葉

この本が私から人を大切にすることの恥ずかしさを奪い、

大切にすることの重要性、

大切にすることによる人の成長、

を教えてくれた。

 

10年たって、環境が変わっても変わらない思い

そして今、私は30を過ぎ、家族も持つようになったが、ますますこの大切を感じている。

この本に出会うまではサラリーマンの”家族のためにがんばる”という台詞は大嫌いであった。

できないサラリーマンの言い訳にしか聞こえなかったからだ。

”自分はどれほど辛くても家族のためにがんばっている”・・・

こういうことを受け入れることができなかったのだ。

 

家族は”足枷”ではない

だが、私は今まさに”家族のためにがんばる”という気持ちでいる。

やはりまだ声に出すほどにはなっておらず若干の抵抗はあるが、

”家族を笑顔にするために、がんばる。そして自分も楽しみ家族をより楽しませる”・・・

という考えが、本当にいろいろなことに私をチャレンジさせてくれる。

 

きっと私がこの本に出会えていなかったら、

家族を”足枷”としてとらえてしまっていたかもしれない。 

”言い訳”に使っていたかもしれない。

 

大切にしたいからこそ、自由に!楽しく!

けどこの本は教えてくれた。

「誰かを大切にしたいということは何歳になっても人を突き動かす原動力になり得る」。

「誰かを大切にしたいからこそ、自由に!楽しく生きなければならない!」。

と。。。

  

LOVE&FREE―世界の路上に落ちていた言葉

10代で出会った,その後のキャリアプラン検討のベースになった本は、キャリア本ではなかった。

f:id:be-ru_23:20150720004115j:plain

大学生のときに出会ったその本は、私のキャリアプラン検討のベースとなったが、キャリア本ではなかった。

自由の時間を大量に消費していた大学生時代に、少しは将来のことを考え始めようとしたものの、大多数の学生がそうであるように、私も何を考えるのが将来を考えることなのかよくわかっていなかった。。。

 

将来を考えるとはどういうことか?

・お金の稼ぎ方を考えればよいのか?

・良い会社に入ることを考えれば良いのか?

・住みやすい場所に住むことを考えれば良いのか?

 

 

当てもない、そして、なかば、真剣でもない状態で時間をさらに消費していた頃、ある1冊の本に出会った。

 

それが、人生の地図である。

たまたま寄った本屋さんで、たまたま偶然でくわした。

インパクトがありそしてつい中身を見てみたくなるような表紙に一目惚れし、購入した。

 

 

ぎっしり字がつまっている・・・なんてことはなく、むしろその逆。。。

写真と、短い文章が流れるリズムのように綴られておおり、あっという間に虜になっていた。。。

 

そして、当たり前のことにようやく気づかされる。

人生とは、やりたいことをやることだ!

 

こんなに素直に、こんなに当たり前のことを受け入れることができるなんて、自分でも驚いた。

一歩間違えば、つい受け入れることが恥ずかしいというくらい、まっすぐで、シンプルなメッセージを、私はすべて受け入れて、むしろ感銘すら受けていたのだった。

 

大学生時代には想像できない楽しい社会人生活

・・・結局わたしは、理系大学卒業後、いわゆる”文転”し、企画系の職業に就いたのだが、働きだしてから10年間、いまのところ全く後悔はしていない。。。

むしろ、こんな人生が歩めるのかと、大学時代には想像できなかった社会人生活を楽しんでいる。

 

きっとこの本に出会えていなければ、くそつまらない人生を歩んでいたのだろう。。。

 

悶々とした感情はチャンスである。そのフラストレーションの向け先、そして、その向け先を決断するヒントをくれるのは、こういった本なのかもしれない。。。

 

人生の地図